プロバイダー乗り換えに工事は必要なのか? 失敗しない乗り換え方法とは

f:id:inko513:20140817104724j:plain

プロバイダー乗り換えに工事は必要なの? 

そんな疑問が沸きあがってきます。正直な話ですが、プロバイダー乗り換えに工事は必要ではないと言うのが答えです。

 

プロバイダー乗り換えとは、そもそも「フレッツ光」から生まれた言葉でした。

フレッツ光は、光回線とプロバイダーが別契約となっており、そのためにプロバイダーのみを乗り換える事が可能だったのです。

 

ですから、プロバイダー乗り換えをするために、工事が必要というのはあり得ない話でした。

 

しかし、最近の傾向をみるとフレッツ光のサービス縮小と共に光コラボレーションへのサービス移行に伴い、プロバイダー乗り換えに工事が必要となってきたようです。

 

光コラボレーションは、フレッツ光を利用した光回線とプロバイダーがセットになった一体型のインターネットサービスです。

 

なので、プロバイダーのみを乗り換える事が不可能となってしまいました。そのために、光回線ごと乗り換えることになり工事が必要となったのです。

 

もしも、光コラボレーション同士で乗り換える場合でも工事が必要となるために注意が必要です。

 

ですから、乗り換え費用として今までは「事務手数料」のみで良かったのですが、そこに「工事費」が必要となりました。

 

また、光コラボレーションからフレッツ光へ戻すのも困難があるようです。

ですから、フレッツ光から他社光回線へ乗り換える場合は、注意が必要です。

 

auひかりですが、フレッツ光のようにプロバイダーのみを乗り換える事が出来ませんのでこちらも注意が必要です。

 

もし、プロバイダーを乗り換えるならキャンペーンを利用して乗り換えた方が得策です。

 

例えば、「工事費無料キャンペーン」や「他社違約金還元キャンペーン」、「他社撤去工事費還元キャンペーン」などです。

 

キャンペーンを利用すれば、通常2~3万円はかかるであろう撤去工事費などが無料で乗り換えが出来るわけです。

 

また、乗り換える先の工事費も無料キャンペーンを利用すればお金がかからず乗り換えが可能となります。

 

プロバイダーを乗り換える際にはキャンペーンにも注意しておきたいものです。

 

但し、キャンペーンを利用すると違約金などが発生する場合があるので、そちらも注意しておきましょう。

 

もし、プロバイダー乗り換えを検討してるなら、比較サイトで探してみてはどうですか?