auひかりとは。導入がやりやすく高額キャッシュバックがあってお得!

f:id:inko513:20130801122140j:plain

auひかりとは、どんな回線なのかをここでチェックしていきたいと思います。

 

auひかりは、KDDIが運営する光回線です。スマホやケイタイなどでも、auがありますが同じ会社となります。

 

なので、グループで利用するとお得になるメリットもあります。その辺も含めて詳しく見ていきましょう。

 

auスマートバリューがお得

auスマートバリューとは、auひかりを契約している方で、auスマホやケイタイを利用してる方に向けてのサービスで、1台につき最大で1410円も割引してもらえると言うものです。

 

つまり、スマホやケイタイの料金が割引してもらえ、結果的に家庭内の通信費が抑えられるという優れものです。

 

当然、家族もauスマホやケイタイを利用していれば、その台数によって割引額も増額します。

 

auひかりの導入がやりやすい

auひかりを導入するには工事が必要になりますが、工事費に関しては実質無料で済みます。

 

どういう事かと言うと、工事費は37500円ほどになりますが、これを毎月のauひかりの利用料金に組み込まれていて、分割で支払うことになります。

 

ですが、分割で支払う工事費の分、割引されているので実質無料で利用が可能という事になります。

 

なので、最初の初期導入費は事務手数料だけで済みます。

 

また、フレッツ光からauひかりへの乗り換えも「auひかりスタートサポート」があるため、最大で30000円まで他社からの乗り換えで発生する違約金分還元してくれます。

 

通信速度が速い

auひかりでは、新しいサービスを開始されて通信速度が10ギガ、5ギガのものをサービスされています。

 

10ギガについては、今までの通信速度の10倍もありますし、5ギガでも5倍の速度があります。

 

このサービスは世界最速とも言われ、かなり速度が速いことがわかります。

回線もauひかり独自のもので、フレッツ光とは違います。ですから、開通工事もフレッツ光を開通していてもやらなければなりません。

 

auひかりのデメリット

ここまではauひかりのメリットを書いてきましたが、当然デメリットもあります。

 

auひかりは全国展開をされていますが、フレッツ光に比べるとまだ小規模なので使えないエリアもあるという事です。

 

例えば、関西全域に渡ってauひかりはサービスをされていません。

 

使えるプロバイダーが7社しかないというのも、デメリットと言えるでしょう。

また、プロバイダーのみを乗り換える事が出来ないため、もし他社プロバイダーに乗り換える場合でもauひかりの工事などが必要になってきます。

 

まとめ

auひかりのメリットとして、通信速度が他社より速く、工事費などが実質無料になり導入しやすいというのがあります。

 

また、auスマートバリューにより家族で使えば家計にも優しく使える優れものです。

 

ただ、デメリットもあります。エリア外になる地域もありまだ使える地域が限られてる点です。

 

プロバイダーのみの乗り換えも出来ないし数も少ないです。

 

そんなauひかりですが、お得にキャンペーンを他社よりもやってます。できれば公式サイトから申し込んだ方が安心ですが、代理店から申し込むとキャンペーンが凄い事になっています。

 

比較サイトで確認をして頂ければと思います。