光コラボレーションとは。とっても安く利用価値の高い光回線

f:id:inko513:20070914203527j:plain

光コラボレーションについてですが、どんなイメージでしょうか?

フレッツ光を光コラボレーション会社へ転用して、プロバイダーとフレッツ光を一つにしてサービスするものです。

 

ですから、今まではフレッツ光とプロバイダーから別々に料金の請求が来てたと思うのですが、光コラボレーションにすることによって窓口が一つになりますので分かりやすくなります。

 

光コラボレーションのメリット

光コラボレーションにするとどんな良い事があるのか紹介します。

先ほどから申し上げてる通りに、窓口が一つになるので面倒臭くなく分かりやすいってのがあります。

 

料金がフレッツ光の頃より安くなるという事があげられます。

フレッツ光の頃の、OCNを例にあげると一戸建てタイプだと6100円もしてました。

 

しかし、光コラボレーションにする事によってOCNの一戸建てタイプの料金は5100円になります。

 

なんと!1000円も安くなるのです。

 

スマホとのセット割で安くなるです。 例えば、ソフトバンク光ならスマホ1台で最大2000円もスマホ料金が安くなり、一か月の通信料金がグッと安くなります。

 

この通信料金と言うのは、パソコンのインターネット料金とスマホの料金も含めてです。

 

また、家族が同じスマホならば人数分の料金が安くなるという割引がありお得感がとてもあります。

 

パソコンのインターネット料金だけでなく、日頃から利用してるスマホ料金まで安くなると家計に優しくなってお得感で嬉しい気持ちになりますね。

 

光コラボレーションのデメリット

光コラボレーションのデメリットとして、乗り換えが困難というのがあります。

もし、乗り換えを考えると光コラボレーションの場合は、光回線ごと乗り換える事になります。

 

同じ光コラボレーション同士でもプロバイダーのみを乗り換える事が出来ません。

 

フレッツ光時代の頃は、プロバイダーのみを乗り換える事が出来ましたが、一度フレッツ光を光コラボレーション会社へ転用してますので、出来ないのです。

 

もし、乗り換える場合は光コラボレーションを一度撤去して、新しく光コラボレーションの工事をする必要があります。

 

通信速度が遅くなる事がある。光回線の特長の一つとして一か所にアクセスが集中すると通信速度が遅くなる事があります。

 

人気光コラボレーション会社だと、アクセスポイントに集中して通信速度が遅くなる場合があります。

 

この場合は、今流行りの「Iv6プラス」にすれば解消することがあります。

 

「Iv6プラス」はアクセスポイントを通らずにインターネットへアクセス出来るので、混雑せずに快適にインターネットが楽しめます。

 

まとめ

光コラボレーションは、料金が安くスマホ割などで更に安く利用が出来ますので、1つの光コラボレーション会社で利用するならとても快適に利用が出来ます。

 

しかし、一度不満を覚え乗り換えたいと思っても困難な事がデメリットです。

そのためにも、比較サイトで十分に検討をしてから申し込むといいでしょう。