プロバイダー乗り換えの注意点とは。デメリットを知って得をする

f:id:inko513:20150607114143j:plain

プロバイダーを乗り換えると注意しなければならない点があります。

デメリットともいえる事なのですが、注意しなければ損をする事があります。

 

メールアドレスが変わってしまう

プロバイダーを乗り換えると、変わってしまうのがメールアドレスです。

メールアドレスが変わるとお友達だけでなく、家族や仕事仲間など多くの方と共有していたと思いますし、ショッピングやサービスを受ける場合にもメールアドレスの登録などがあり、変わってしまうのは面倒な事だとされています。

 

最近では、スマホやケイタイのメールアドレスで連絡したり、SNS経由で連絡を取り合う人も増えてきてますが、パソコンのインターネットのメールアドレスが変わるのもまだ大変な事と言えます。

 

しかし、救済処置的な事があって、乗り換える前に最小の契約をして乗り換えるとメールアドレスを変える必要もなく使い続ける事が出来ます。

 

但し、Yahooメールに関しては、Yahoo!BBのメールアドレスは引き継ぐ事は出来ません。ただ、Yahooメールは無料で利用が出来るので、ドメインが「@ybb.ne.jp」から「@yahoo.co.jp」に変わりますがそのまま利用が出来ます。

 

電話番号が変わる

メールアドレスと同じく電話番号が変わる場合があります。

これは、光でんわと言うものを契約してた場合です。プロバイダーを乗り換えると、光電話の番号が変わるので注意が必要です。

 

但し、NTTから提供されている固定電話の電話番号は変わる事はありません。

違約金に注意

プロバイダーのキャンペーンには、最低利用期間というのが定められています。

もし、それを破って短期間の間にプロバイダー乗り換えをすると、違約金が発生します。

 

違約金は、各プロバイダーのキャンペーンによって料金は一定料金ではありませんが、約5000円~20000円くらいはかかると思います。

 

折角、プロバイダーを乗り換えてキャンペーンでお得な事になっても、短期間で乗り換えてしまっては、逆に損をする事になってしまいます。

 

乗り換える際には、違約金など注意をしてから乗り換えて下さい。

 

工事が必要になる場合がある

光回線ごとプロバイダーを乗り換えると工事が発生します。例えば、auひかりのSo-netから、光コラボレーションのソフトバンク光に乗り換える場合、auひかりの撤去工事とフレッツ光の工事がWで必要になります。

 

その場合、どちらの場合も料金が発生しますので注意が必要です。

同じ光回線なのですが、auひかりと光コラボレーションでは、会社が違いますので撤去工事と光回線工事の両方が必要になります。

 

この点が、インターネットの乗り換えで難しい点となります。

 

エリアによっては利用できない場合がある

現在、フレッツ光に関しては全国でどこでも利用が出来るとされてますが、その他の光回線に関しては、エリアによっては利用出来ない場合があります。

 

例えば、auひかりですが関西では利用できない事になってます。全国的にもまだエリア外のところがあり、利用したい場合は自分の住んでる地域はエリア内か確認する必要があります。

 

エリアを確認する場合は、各光回線のホームページへ行き自分の郵便番号や電話番号を入力してエリア内か確認をしてみて下さい。

 

オプション加入に注意

プロバイダーによっては、メールアドレスなどオプション扱いのところがあります。そのため、プロバイダーを選んだ時の料金表では最安値と謳っていても、オプション加入よって料金が割高になるケースがあるので注意が必要です。

 

また、電話勧誘や電気店店頭販売などで、オプションを入る事が条件で加入を勧めるケースもあるので注意しなければなりません。

 

まとめ

プロバイダーを乗り換えると上記で紹介した注意点に出くわす事が度々あります。

 メールアドレスの場合は、残す方法もあるので、その点はまだ安心できると思います。

 

が、電話番号に関しては残す事も出来ず変わってしまいますので注意が必要です。

一層のこと、光電話は利用しないで固定電話にする方がよいかも知れません。

 

また、オプションに関しては、注意してないとオプションだけで料金が高額になる場合があるので注意が必要です。

 

注意しながら、良質なプロバイダーへ乗り換えをする事がお得になる事だと思います。