プロバイダーを乗り換えるとどれだけお金が必要?

f:id:inko513:20140607103849j:plain

プロバイダーを乗り換える際にかかる料金ってどれくらいなんだろう。

もし、プロバイダーを乗り換えた場合、どれくらい料金がかかるのかを知った上で、お得に乗り換えてみましょう。

 

事務手数料が必要

プロバイダー乗り換えは無料で出来ると思われがちですが、実は料金がかかってます。

その一つが事務手数料というものです。

 

おおよそ、3000円ほどかかります。高くもなく安くもない料金です。

プロバイダーを乗り換える際に、手続きなどに必要な料金と思ってください。

 

工事費が必要な場合も

例えば、光回線ごとプロバイダーを乗り換える場合に必要になります。

 

光回線よって工事費は違いますが、高額な費用が必要になります。

フレッツ光の場合は、戸建てで18000円、マンションで15000円ほどかかります。

 

auひかりの場合は、37500円ほどかかり高額となっています。

 

オプション料金が必要

プロバイダーによっては、メールアドレスなどがオプション扱いになってる場合があります。

 

ですから、インターネット契約をしてもメールアドレスが使えないなど不便な事からオプション契約をする事になってしまいます。

 

最初は、安いと思って契約したプロバイダーがオプションを契約する事によって料金が割高になるケースもあります。

 

最初思ってた料金と違って、騙された感が強くなるケースもあるので注意が必要です。

 

無線LANなどが有料でレンタル

あるプロバイダーでは有料で無線LANルーターを貸し出してるケースもあります。

ですから、プロバイダー料金とは別に料金が発生して損をする事もあります。

 

レンタルで借りるよりも、自分で無線LANルーター電気屋で買ってくるなどして用意した方が安くなる場合もあります。

 

まとめ

プロバイダーを乗り換えるだけで、上記のように料金が発生するケースがあります。

特に「事務手数料」はプロバイダーを乗り換えると必ず発生しますので注意しましょう。

 

また、オプションや無線LANルーターなど自分で注意すれば抑えることも出来ますから、工夫してやってみるといいでしょう。

 

例えば、メールアドレスはYahooメールなら無料で利用が出来ます。無線LANルーターもレンタルだと逆に高くなるので、自分で用意するなどした方がいいでしょう。

 

工事費などは抑える事ができないため、いくら料金が発生するのか注意しておきましょう。

 

プロバイダー乗り換えをするためには、無料では出来ない事がわかります。

引越しなどで乗り換えをしなければならない場合は事前にどれだけ料金が発生するのか計算しておく必要があるでしょう。